フェイシャルエステと美容皮膚科はここが違う

女性が比較しているイメージ

 

どちらも顔の肌トラブルをなくして美顔をつくる意味では共通するフェイシャルエステと美容皮膚科。

 

よく、効果の強さや早さなら皮膚科といわれることから、エステの上位概念が皮膚科?と思ってしまうかもしれませんが、単純にそういう話だけでもありません。

 

エステにはエステならではの、皮膚科には皮膚科ならではのメリットがあるからです。

 

価格面での違いはもちろんですが、それぞれの特性的な部分も含めて、比較をしてみました。どちらに行こうか迷っている方の参考になれれば幸いです。

 

 

フェイシャルエステと美容皮膚科の違い@「エステが有利なことは」

 

エステサロンのフェイシャルエステは、美しい肌を保つために必要なケアを施し、水分と油分の整ったお肌に仕上げてベストな肌環境を作り上げていきます。

 

お肌へのアプローチとしては、ニキビやしみなど、一つの問題だけに焦点を合わせるのではなく、肌質そのものを改善していきます。ニキビを治療するのではなく、ニキビになりにくい肌作りを行うといった形です。

 

フェイシャルエステでは、美容成分がたっぷりと含まれた化粧品を使用し、美容機器なども使用しながら肌の深層まで成分を浸透させていきます。

 

肌に必要なケアを見極め、必要な化粧品を正しい技術で補うことで、肌本来のサイクルを取り戻し、トラブルのない肌作りを目指していきます。

 

また、クレンジングやフェイシャルマッサージ、化粧品の塗布など、そのほとんどをエステティシャンの手を使って行っていくことから、高いリラクゼーション効果を得られることもエステサロンならではの特徴です。

 

いわゆる「手技」というものですね。

 

ストレス社会といわれている現代で、肌トラブルの多くがストレスが原因となってしまっている方も少なくありません。

 

 

静かな音楽やライティング、香りなどにもこだわって空間作りをしているサロンも多く、『癒し』が大きなテーマとなっています。

 

フェイシャルエステと美容皮膚科の違い@「皮膚科が有利なことは」

 

皮膚科では、お肌のトラブルを医学的なアプローチで診断します。

 

肌トラブルを含め、肌質そのものを改善に導くフェイシャルエステと違い、ピンポイントで皮膚の症状を改善していくのが皮膚科治療の特長です。

 

医療機関だからこそ使用することができる薬剤や、美容医療機器など使用して施術を行うことができるため、重度の炎症や長期にわたり治らない肌荒れに対しても処置を行うことが出来ます。

 

より高出力な機器

美容機器はエステサロンでも多く使用されていますが、皮膚科では一緒に使用する薬剤が高濃度であったり、電流の力の強弱が違ったりと、身体や皮膚のことを熟知した医師がいることで安全に使用できるものが使われています。

 

たとえばフラッシュ光で美肌をつくるフォトフェイシャルでも、エステではIPLとよばれるマイルドなものなのに対してクリニックではフォトシルクプラスという最新鋭の高機能なマシンを使用します。

 

例えばイオン導入はエステサロンでも使用されている機器の一つですが、その際に使用する薬剤は医療グレードのもので、大変高濃度です。

 

エステサロンだと時間をかけてじっくりケアしていく必要のあるシミに対しても、皮膚科でのレーザー治療であれば、小さいものなら1回で消すことも可能です。

 

また、軽いピーリングはエステサロンでもよくあるメニューですが、皮膚科で行うピーリングは、エステサロンのものよりも肌の深層部に影響し、施術後は皮膚が通常の状態に回復するまでしばらくかかります。

 

皮膚科で行うそれぞれの施術には、多少の痛みが伴うこともありますし、美肌効果が高い分、回復にも少し時間がかかり、術後デリケートになっているお肌のケアを行う必要があります。

 

それでも、症状や個人差にもよりますが、即効性があり確実に何かしらの改善が見られることから、医療機関である皮膚科で美肌を目指す方も少なくありません。

 

フェイシャルエステと美容皮膚科で料金面での違いは

電卓を持つ女性

 

エステサロンでのフェイシャルエステと、美容皮膚科。

 

どちらも皮膚のプロフェッショナルですが、それぞれ得意な分野がありますので自分の目的や症状にあわせて選ぶことが大切です。

 

炎症の酷い肌トラブルの治療や、即効性のあるケアを求めるのであれば皮膚科が最適です。

 

施術の内容によっては、一回の料金が数万円と高額になる場合もありますが、症状をすばやく改善へ導いてくれるのは皮膚科です。

 

エステではお試し1,000円のプランも

また、価格面で有利なのはやはりエステ。先述したフォト系の施術の料金でも、クリニックでは顔全体が5万〜7万(1回)なのに対し、エステではお試し価格で1,000円(1回:エルセーヌのプラン)で受けられたりします。

 

施術そのものの料金基準がちがうばかりでなく、皮膚科は医療機関なので初診料や薬の処方料、再診料、麻酔料などの費用が発生します。

 

また、エステサロンで行うフェイシャルエステでは表面的な部分だけではなく、肌が受けた深層ダメージを回復させるなど、手の届かない分野までケアを行うことも可能です。

 

本来肌の持つ力を取り戻し、トラブルが起きにくい肌作りを行いたいなら、フェイシャルエステに定期的に通うのがおすすめです。

 

ニキビやシミ、毛穴汚れやたるみなど、女性ならだれもが悩む肌トラブルの原因を、定期的なフェイシャルエステで穏やかに取り除きながら、同時に心も癒してくれる場所となってくれます。

 

1回の料金はサロンによって違いますが、定期的に通うのであればコースで回数券を購入するとお得に通えます。