フェイシャルエステが月額で?今人気の月額制プランとは

フェイシャルエステを受けている女性

 

エステはお金がかかるからなかなか一歩が踏み出せない。

 

そう思っている人は多いと思います。でも最近はエステをお稽古事のように通えるようにした月額制プランが登場しています。

 

今まで主流だったエステの料金形態は、10回から20回で十数万、時には数十万というようにエステの回数で決まっている料金を、一回払いもしくはローンを組んで支払うものでした。

 

同じく毎月支払うにしても、お稽古事の月謝のように月々支払うのと、ローンを返済していくのとでは心持が大きく違いますよね。

 

エステ美容に対する敷居が下がったことで、あらゆる世代の女性がより美しく変身をとげています。

 

ただ、月額制システムが普及していくにつれ、その契約内容はスマホの料金のように日々複雑化しています。

 

本当に自分が希望している支払方法であるのか、途中で解約する時に違約金が発生するのか、など顧客側も事前に知識を備えておく必要があります。

 

 

フェイシャルエステの月額より前に脱毛エステが始めていた

脱毛ラボ

 

全身脱毛が月々1,990円から始められるということて脱毛業界に限らずエステ業界に大きな話題を呼びました。

 

月1回、体の1/12を脱毛し、1年で1周できるようになっています。すなわち、全身スピード脱毛ではなく、全身順番に脱毛する代わりに、お手頃価格を追及したという内容です。

 

「月額制が良いけれど、あまりのんびりしてられない。」という方のために月額制にも複数のコースがあり、低価格で始められるのんびりコースから、普通コース、スピードコースと段階が設けられています。

 

普通、スピードと月々の支払は高くなりますが、普通コースでは1回に1/2を脱毛、スピードコースでは1回に全身を脱毛できます。

 

このプランにより、一度に大金を支払えなかったティーン世代も、ちょっと試してみたかったという方も、気軽に脱毛へ通えるようになり、日本の美容を底上げする大きなきっかけとなりました。

 

フェイシャル料金を月額払いすることのメリット&デメリット

時計とお金とカレンダー

 

メリット

月々支払う料金はこれだけ、と明確に契約されているので安心です。

 

一度に支払うシステムでは、契約時に強く勧誘されて予定以上の金額になってしまうのではないかと心配な方にはおすすめです。

 

1回分の体験を行っていることが少ないのですが、その分3ヶ月、12か月など一定期間継続することを最初に契約すれば初月無料などのキャンペーンを行っているサロンが多くあります

 

中には、通い放題の月額制を行っているサロンもあり、お得感があります。

 

一度に大金を支払う必要がないので、気軽に始めることができ、もしも途中で止めざるを得ない事情ができてもいつでもストップすることが可能です。

 

妊娠、出産、引っ越しなど女性には突然やってくるイベントが多いので、このようなシステムなら安心ですね。

 

さらに、月々支払っているという意識があるので、「面倒だからしばらく行かなくていいかな」という怠慢を防ぎ、美容に大変重要な「継続する」という目標を実現しやすくなります。

 

デメリット

月々の料金が定額であることは安心な一方、通えない月にも料金を支払わなければなりません

 

エステサロンはほとんどが予約制なので、予定が直前まで定まらない方や出張が多い方には不向きと言えます。

 

通い放題ではない場合、多くは月に1、2回の施術に設定されています。「今月はイベントに向けて集中して磨きたい!」という場合も、決められた回数しか通うことができません。

 

ただし、サロンによっては月額制とは別に回数券を販売していることもあるので、月額制と回数券の併用でペースを調整するという方法もあります。

 

月額制のエステで最も注意したいポイントが、予約の取りやすさです。いくら月2回のエステを月額制で支払っていたとしても、予約が取れなければ通うことができません。

 

予約がほとんど取れなかったり、希望の曜日や時間帯が取りづらいなどは致命的なので、口コミなどで契約前に確認しておきましょう。

 

エステサロンで説明を受けている段階でも「例えば、今から最短ではいつ空いていますか?」、「私は週末しか行けないのですが、今週末と来週末の空いている時間帯を教えてください。」と伝えれば、契約前でも答えてくれる場合が多いです。

 

ヴィトゥレのフェイシャルエステ月額払いの内容は

ヴィトゥレ

 

月々の料金 3600円から
特典 初月0円
通う回数 13回から
通うペース 月1回
施術範囲 顔(首は含まない)

 

ヴィトゥレでは、月額3,600円からで月1回のフェイシャルエステを行っています。

 

この「3,600円から」というのは、月1回のフォトエステを基本に、お肌の悩みに合わせてオプションで他のエステを組み合わせることができるので、選んだ数や種類によって価格が変わります。

 

フォトエステはお肌のターンオーバーに合わせて3週間から1か月ごとの施術を継続することで効果を発揮します。継続には通いやすい価格とシステムが重要ですね。

 

月額制ながら13回で1セット(13ヶ月)としており、最初から26回、39回と契約すれば更に割引きされるキャンペーンを行っています(キャンペーンは突然終了することがありますのでご確認ください)。

 

途中で解約する場合、時期や契約内容によって解約金が必要となる場合があります。ヴィトゥレの支払いシステムは、月額制と回数制の特徴を合わせたプランだと言えます。

 

また、休会制度があるので、妊娠や手術など長期通えない事情があったときにも安心です。

 

こちらでは体験用1回コースも3,000円で用意されており、自分のお肌で試してから決断したい方にはとても良いですね。

 

フェイシャルラボの月額払いの内容は

フェイシャルラボ

 

月々の料金 2990円
特典 初月0円
通う回数 4回から
通うペース 月1回
施術範囲 顔(首を含む)

 

フェイシャルラボでは、月額2,990円で月1回のフェイシャルエステを行っています。

 

こちらもメインの内容は光の力を利用したフォトフェイシャル。この価格、今話題のフォトエステの中では破格の価格ではないでしょうか。

 

しかも、お顔だけでなく、首までしっかり照射します。年齢が現れやすいパーツである首のケアは嬉しいポイントですね。フェイシャルラボは、脱毛ラボのフェイシャルエステ部門です。

 

自身の脱毛技術を生かし、このフォト照射には顔の産毛に対する脱毛効果もあるとされています。

 

1回限りのお試し体験はありませんが、月額制を契約すると1ヶ月無料で施術が受けられます。4ヶ月を1セットとしており、月額制の申し込みも4ヶ月からですが、それ以上の期間・回数は自由です。

 

また、解約も4ヶ月以降はいつでも自由に行える気楽さがあります。

 

顔と首を4つのパーツに分け、毎月1パーツごとに照射し、4ヶ月で1周するように設定されています。

 

月額制とは別に、6回を1セットとした回数制度も用意されています。回数制では、1度の施術で顔と首をパーツに分けず、全パーツ照射を行うため、効果を早く実感できるというメリットがあります。

 

気軽に始められる月額制を数か月受けてから、効果を早く感じられる回数制に変更するなどカスタマイズできます。

 

まとめ

月額制により手軽にフェイシャルエステに通えるようになりました。

 

月々の料金がはっきりしているので安心感が高いのと、一度に総額を払わなくていいので財布にもやさしいのがメリットです。

 

ただプランや回数によっては月額料金が上がったり、通えない月にも支払いが発生する可能性も。

 

サロンによって料金システムが異なったりするので、公式サイトをよく見たり、不明点は事前に問い合わせることも重要です。