毛穴汚れのケアはフェイシャルエステのコースの定番

毛穴の汚れを気にする女性

 

毛穴の汚れ、普段どのようにお手入れしていますか?

 

脱脂力の強すぎるオイルや粘着力の強い剥がすタイプのパックなどは、お肌に刺激が強すぎてしまうことがあります。まして、指で毛穴をギュッと押して角栓を取り除くなんてもってのほか!

 

自己流のお手入れでは一時的に毛穴の黒ずみを取り除けたように見えても、その行為がじょじょに毛穴を広げることにもつながります。

 

定期的にプロの手を借りて引き締まった毛穴を維持しましょう。

 

毛穴ケアはフェイシャルエステの得意分野

フェイシャルエステサロンでは、毛穴専門の機器やクレンジングクリーム、そしてプロのハンドマッサージなど、毛穴の汚れはしっかり落としながら、お肌への負担は少ない方法でケアを行っています。

 

毛穴がキュッと引き締まると、若々しく健康的に見えファンデーションのノリもアップするなどいいことずくめ。

 

さらに、施術後の効果が目に見えて現れやすいのが毛穴ケアであり、フェイシャルエステコースでも人気の高い定番プランになっています。

 

特に発汗や紫外線などの影響が大きい春から夏にかけて、毛穴ケアをエステで行う方が増えていくのが大きな特長ですね。

 

 

こんな毛穴はフェイシャルエステで解消するべき

3つのポイントを指摘している女性

 

では、毛穴がどんな状態になっていたら何かしらのケアを受けたほうがいいのでしょうか?

 

トラブルを起こしている毛穴は主に以下の3タイプに分けられます。それぞれ、見た目から果物をイメージできるので、わかりやすく分類することができます。

 

いちごタイプ

いちごタイプは、小鼻の周りの毛穴が黒くポツポツと目立つ状態になっています。いちご鼻と呼ばれたりもしますよね。

 

落としきれずに蓄積された毛穴の汚れが原因です。毛穴汚れをそのままにしていると、皮脂を含むので酸化という現象によって固い角栓となります。

 

この角栓が毛穴を押し広げ、いちごのようなブツブツ毛穴の目立つ小鼻となってしまい、指でなでるとザラつきを感じる状態です。酸化が進んだ角栓は黒みを帯び、さらに目立ちます。

 

黒ずみが気になって、指で押しだしたらニュルニュルと角栓が出てくることが快感になり、繰り返している方も多いのでは?

 

その自己流ケアがさらに毛穴を広げ、時には炎症を招くこともありますので要注意です。

 

さくらんぼタイプ

さくらんぼタイプは、毛穴がぷっくりと盛り上がっていたり、ニキビや全体の炎症を起こして赤くなっている状態です。

 

「私はオイリータイプの肌だからニキビができやすい」という悩みをよく聞きますが、皮脂の過剰分泌だけでは毛穴の炎症には至りません。

 

皮脂や古い角質を外に排出できていれば毛穴詰まりは生じませんが、日々の洗顔で毛穴の汚れを落としきれていなかったり、肌の柔軟性が低下していると、これらを排出できなくなってしまいます。

 

行き場をなくした毛穴の汚れは、最初は黄色くぷっくり盛り上がり、やがて雑菌と合わさってニキビや全体的な赤みを引き起こしてしまいます。

 

オレンジ(みかん)タイプ

オレンジタイプは、主に頬の毛穴に締まりがなくなり、開いた毛穴がくぼんでファンデーションが乗らない状態になっています。

 

毛穴はさまざまな原因によってたるんでしまいます。お肌の乾燥、皮脂の過剰分泌、ターンオーバーの低下、コラーゲンの減少などが原因ですが、老化がこのような現象を招いていることが多く見受けられます。

 

毛穴の開きからくぼみやたるみへと進化し、そのくぼみ同士がたるみによって繋がると、クレーターや帯状毛穴に発展します。帯状毛穴とは、帯状に繋がった毛穴のくぼみがシワとなってしまった状態を指します。

 

筋力トレーニングをすればお尻がキュッと上がるのと同じく、適切なお手入れを続けることでキュッと引き締まった毛穴を手に入れることは可能です。気になってきたら早めに専門家のお手入れを。

 

フェイシャルエステの毛穴ケアの基本的な流れは

フェイシャルの施術のイメージ

 

ライバル同士しのぎを削っているエステサロンは、各社ともいろいろな特長や独自性を打ち出して積極的なセールスを行っています。

 

とはいっても、毛穴ケアをする中で共通しているケアもたくさんあります。それがクレンジング・吸引・マッサージ・保湿という流れですね。

 

それぞれどういう施術内容なのか、順に見ていきましょう。

 

クレンジング

スチームを当てて毛穴を開かた状態でクレンジングを行ったり、電気分解した高アルカリ水を用いて皮脂や古い角質を分解しながら取り除くなどの方法で、セルフケアでは落としきれない汚れを丁寧に落としていきます。さくらんぼタイプの詰まった毛穴に効果的な施術です。

吸引

毛穴ケア専用のマシンで吸引し、詰まった汚れを取り除いていきます。剥がすタイプのセルフパックではお肌への刺激が強すぎてしまいますが、エステサロンでの吸引は周りのお肌に負担がかからないように設計されているので安心です。この施術は、特にいちごタイプの小鼻に効果的です。

マッサージ

エステティシャンによるハンドマッサージで、リンパや血流の流れを促進させます。これにより、お肌にハリとツヤを取り戻し、たるみを解消する効果が期待できます。マッサージ時にビタミンやコラーゲンを含む美容効果の高いクリームなどを使用することも多く、ハンドマッサージとの併用で角質層まで栄養を届けやすくします。オレンジタイプの頬に効果抜群の施術です。

保湿

全てのタイプの毛穴のケアに共通して大切なことは十分な保湿です。エステサロンでは、毛穴引き締め効果もある美容液を使用し、お肌に潤いを与えて整えます。サロンによって、このステップには特色があり、プラセンタやミネラルを含むパック、ポレーションと呼ばれる美容成分の浸透度を高めるマシンなどプロならではの施術を行います。

 

こうした基本の流れをベースに、サロンごとに光治療の一環であるフォト照射でたるみに働きかけたり、スクライバーという超音波の力でミクロの汚れを落としたり、高周波であるラジオ波によって毛穴を引き締めたりとさまざまな施術を取り入れています。

 

こうしたフェイシャルエステのバリエーションは以下の記事でも解説していますので、よければご覧になってみてください。

 

 

マーキング用白背景

フェイシャルエステの毛穴ケアだけでなく毎日の洗顔も重要

毛穴ケアを意識して洗顔をおこなう女性

 

定期的にエステティシャンのプロのお手入れを受けながら、日々のセルフケアとして適切な洗顔と洗顔後の保湿を行うことが健やかなお肌を手に入れる秘訣です。

 

お部屋は定期的に掃除しないと汚れが溜まっていきますよね。

 

汚れが溜まるのは肌も同じ

お肌も同じく、生活していれば汚れが溜まっていくのは自然なこと。特にくぼんだ小さな部分の汚れは取り除きにくく、放置すればどんどん溜まり、皮脂を含んでいるため固まって日に日に毛穴を押し広げていきます。

 

ついやってしまいがちなのは、洗顔したつもりでも毛穴の汚れまでアプローチできていなかったり、反対に毛穴汚れに集中し過ぎて周りのお肌へ負担になっている場合です。

 

洗顔のポイントはよく泡立てること。きめ細やかな泡は毛穴の中まで洗浄していきます。そして、ゴシゴシ洗わず、お肌に触れるか触れないかの力で円を描くように洗うことです。

 

泡で洗う感じをイメージしましょう。泡を立てるのが苦手な方は、泡立てネットや、泡で出てくるタイプの洗顔料がおすすめです。

 

洗顔後にはたっぷり保湿します。化粧水をつける時は肌を叩かず、手のひらでプレスするようにします。

 

お肌も水分補給には少し時間がかかりますので、化粧水の後すぐに乳液をつけるのではなく2〜3分置いて馴染んでからがベストです。

 

夏の毛穴は要注意!フェイシャルエステが最適

夏に汗をかいて気持ち悪そうな女性

 

夏は強い日差しや汗や皮脂など、常にお肌の大敵に囲まれている状態です。毛穴ケアが最も必要なシーズンと言えます。

 

汗をかきやすい状態になっており、毛穴からは汗や皮脂が通常より多く排出されていきます。毛穴汚れの原因物質が多く分泌されており、さらには汗で溶けたファンデーションで毛穴は詰まりやすくなってしまいます。

 

また、紫外線から肌を保護するために角質が厚くなり、お肌の柔軟性が落ちていることも毛穴詰まりの原因になります。

 

強い紫外線を浴び続けると、お肌の老化は進行し、毛穴の開きやたるみへとつながります。

 

 

さらに現代人が避けられないのが、エアコンによる乾燥です。外で汗をかいて、エアコンの部屋に入ってそのままでいると、汗とともに必要なお肌の水分まで奪われてしまいます。乾燥は締まりのない毛穴の原因です。

 

自分でできる対策として、日々の適切な洗顔、洗顔後の保湿、日焼けを防ぐことが効果的です。エアコンの部屋に入る際には清潔なハンカチで汗を拭きとることも毛穴ケアのひとつです。

 

夏場は汗や皮脂でベタつきがちなため、保湿系のスキンケアを他の季節より控える方もいらっしゃいます。

 

しかし、そのしっとり感は表面上の汗と皮脂であり、お肌の深層では枯渇状態になっているのです。夏だからこそ保湿系のスキンケアは念入りに行うことが毛穴のケアには大切です。

 

そして、エステサロンでの毛穴ケアを考えている方はこの時期から始めるのがおすすめです。

 

毛穴の汚れが溜まりやすい夏に専門家のケアを始めることで、1年中キュッと引き締まった毛穴を維持することができます。