最後に油分でフタをするのは嘘だった!?

バツをする女性

 

これまで30代の女性が習ってきたスキンケア方法は、「洗顔する」「化粧水で満たす」「油分でフタをし、肌の水分蒸発を防ぐ」というものでした。

 

ところがここ数年のあいだに油分でフタをするスキンケアは間違っている、古いと言われるようになっています。

 

じつは、まったく水を通さないというイメージをもたれがちな脂分ですが、その隙間から水分はすり抜けて蒸発しています。つまり決してフタの役目は果たしていないというわけです。

 

また、乾燥肌は古くより考えられていた肌の表面の乾燥ではなく、肌の角質層と呼ばれる肌を生み出す細胞がそろっている部位の保水力が落ちている状態であることが分かりました。

 

つまり、肌の表面部分だけを油分でフタをする方法では、乾燥肌の根本的解決には至らないのです。逆に肌内部が乾くインナードライを進行させてしまう危険もあります。

 

 

乾燥肌の根本的解決をするには?

保湿クリーム

 

乾燥肌の根本的解決を行いたい場合は「洗顔をする」「肌の奥へ保湿成分を届ける」「肌の奥を満たす」というステップが必要だと言われるようになりました。

 

また、乾燥肌の症状を持っている方は、肌の生まれ変わりを示す「ターンオーバー」が乱れている状態にあります。この肌の生まれ変わりが滞りがちになることで、肌がカサカサするほか、粉吹き肌の症状を生みだします。

 

この状態では、基礎化粧品による肌への保湿がうまくいきません。適切な洗顔を行い、古くなった角質を適切に老廃物として落とすことが大切になります。

 

洗顔ブラシを用いてごしごし洗う選択をする方もいますが、肌にまだ必要な潤い分や角質まで落としてしまいますので、ブラシを使った洗顔はいけません。

 

洗顔してキレイになった肌には、化粧水が大切ですが、中でも「セラミド」を含むものを使いましょう。細胞間物質と呼ばれるセラミドは、肌内部の水分を保持する働きがあるので、使い続けることで中からふっくら潤う肌をつくることができます。

 

エステなどを取り入れながら確実に保湿

エステの施術を受ける女性

 

季節的、年齢的、生理周期によってなど、さまざまな理由で乾燥肌に悩む方が増えていて、自律神経が受け持つ、肌の自浄作用が衰えていることがその原因として考えられています。

 

正しいセルフケアを身に着けた結果、症状が良くなることが多いのですが、悪循環を招いてしまっている方も少なくありません。

 

自分がなぜ肌のバランスを崩しているか原因がわからない場合は、素人判断に頼ることは禁物。ますます状態を悪化させる可能性もあります。

 

そんな時、頼りになるもののひとつがフェイシャルエステなどの専門サロンです。

 

肌のプロであるエステティシャンに見てもらい、正しい判断を下してもらうことは正攻法といえます。また、業務用の美容機器で高品質の保湿成分を補いながら、セルフケアができる環境を整えていくのも有効ですね。

 

確実な保湿を行っていくことで、油分でフタをするようなごまかしスキンケアから脱却し、肌を守っていくことができます。

 

フェイシャルエステはいろいろなサロンがあり、施術内容や料金が結構違います。本サイトは各社のプランをわかりやすくまとめているのでよければご覧ください。

 

評価の高いフェイシャルエステランキングはこちら